古美術絵画の買取トーク

絵画を買取してもらう際に気をつけることがあった

眠っていた絵画を処分したい

車庫や物置にいくつかの絵画が眠っていることは知っていましたが、処分をしたくても燃やしてしまう以外の方法がわからなくて困っていました。そこで、絵画の買取を行っている業者があったかどうかを確認したのですが、幸いにも自宅から少し行った距離に何件か見つけることができました。

ずっと倉庫や物置に置いたままだったのですが、状態を確認しておくために包んであった布を取り外すときれいな状態で保管されていることがわかり、画材の質が落ちてしまわないうちに査定をしてもらおうと考えました。


絵画の買取について調べてみると、いろいろなことがわかりました。しかし、「眠っている絵画の中には価値が高いものなどもある可能性が高いので一度専門家に確認してもらうといい」と書いてありましたが、知り合いに専門家などもいないので困ってしまいました。買い取ってもらうにしても、専門家に価値を確認してからでなければ二束三文で買い取られてしまう可能性も考えられるからです。

そこで、絵画に詳しい査定士がいる買取専門店を探して持ち込んでみることにしたのです。

高額査定で買い取ってもらうためには?

専門家がいるお店に持ち込むのはいいのですが、できれば高額で買い取ってもらいたいというのが本音です。

どんなことに気をつければ高額査定をしてもらうことができるのかを調べ、それを確認しながら手入れを少しだけしてから持ち込みました。まず購入したときに絵画の情報を詳細に確認しておくといいそうです。ですが、買い取ってもらう絵画は私が購入したものではないのでわかりませんでした。絵画の状態を良くしておくというのも高額査定を期待できるポイントだということでした。

ほかにも、劣化をしていても買取専門店で確認してもらう、数が多かったり大きなものの場合は査定士に自宅まで来てもらうなどの注意点を確認し、自分たちで運べるものばかりだったので店頭へ持ち込みました。実際に査定をしてもらったのは、実績がある査定士の方だったので安心して任せることができました。結果は、高額査定になったものが一枚だけありましたが、ほかのものが相場と同じくらいでした。

ですが、一枚一枚がどのようなものなのか、なぜその価格なのかを査定士の方が説明してくれたので安心して買い取ってもらうことができたので良かったです。