古美術絵画の買取トーク

絵画の種類によって買い取り価格は違ってくる?

絵画の種類と査定の基準

絵画には日本画、洋画といったジャンルがあります。日本画は布や和紙に墨や岩絵の具を使って描かれたもので、水墨画や浮世絵など伝統的な美術品がこれに当たります。洋画は水彩や油絵など一般的な手法の絵画です。日本人の作品でも、洋画の技法で描かれたものは洋画に分類されます。また、エッチングやシルクスクリーンなどの版画も絵画として扱われています。漫画やイラストなども絵画であり、ポップアートと呼ばれています。


絵画買取の査定基準は、まず作家です。有名な作家や人気が高い作家の作品は高額で取引されています。同じ作家の作品で、たとえば「版画がメインの作家の油彩画」などは希少性がありますので、価格が高くなる傾向です。絵画の種類が査定額に影響するのはこうした場合であり、「洋画だから高い」「版画だから安い」など、単に種類によって価格の高い・安いが決められるわけではありません。

有名じゃない画家の絵でも買い取ってもらえる?

絵画の買取は作家が第一。世界的に有名な作家や高い評価を受けている作家は当然、査定額は高くなります。一方で、あまり有名でない作家や無名作家の作品でも買い取ってもらえることがあります。

ファインアートやハイアートと呼ばれるジャンルの作品など、大衆芸術ではないものや商業性が薄いものは一般にはそれほど知られていないけれど、コアなファンがついていたり収集家の間では有名というケースは少なくありません。


有名ではない作家の場合、市場に出回っている作品数が少ないため希少価値が高くなることもあります。まずは複数の業者に問い合わせをしてみて、取り扱いをしているか調べてみましょう。そのうえで、相見積もりを取るなどして業者選びをしていくと良いでしょう。